住まいの材料と工事−外壁材住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 

 今の時代、家を建てる(買う)場所は、通勤、通学の利便性が大きなウエイトを占めます。住宅密集地で風が通らないからといって風通りの良い郊外に移れるわけでもありません。
 そうすると建てられる土地柄に応じて建物にちょっとした工夫を加えて、少しでも快適にした方がいいですね。
 このページでは、「暑さに負けない」。そのためのちょっとしたポイントを解説しています。

 基本は、日射対策です。日なたは暑く、日陰は涼しい自然の摂理を利用しない手はありません


■次世代省エネは必須。
 今の時代、『次世代省エネルギー仕様』で建てる事は当たり前です。
 『断熱に無頓着な人』が、大手ハウスメーカーに頼んで、結果として標準で付いていた次世代省エネルギー仕様で建てられていたから快適、なんて言うのは結果オーライの不用心な話です。



■断熱の要は天井(屋根)断熱。トレードオフは絶対ダメ!
 屋根は、家の中で唯一、四六時中太陽に当てられている場所です。天井(屋根)断熱をしっかりしていなければ、家は暑くて仕方ありません。断熱の要は天井(屋根)断熱です。
 『次世代省エネルギー仕様』と言われているのに、『トレードオフ制度』を利用して、天井の断熱材が規定の半分になっていないかをチェックしましょう。

★トレードオフ制度の詳しい解説は、「次世代なのに!?トレードオフに要注意」をご覧ください。大手ハウスメーカーではしていませんが、中小、小規模の建築条件付きの建物で非常に多いです。「最初から次世代省エネが標準になっている」と喜んでいたら、実は天井断熱がトレードオフ制度を利用して半分の厚みになっていた、なんてこともよくある話です。その場合の天井(屋根)の断熱性能は1ランク下の「省エネルギー仕様」レベルしかありません。

 (新築時)次世代省エネと謳われていても、天井の断熱材の厚みが100mm以下の場合は、トレードオフ制度を利用した次世代省エネで、天井断熱材が半分になっています。その場合は、トレードオフを利用しないときの厚みに戻してもらいましょう。
 完成後)住宅完成後に暑いと感じたら、天井内に断熱材を追加で入れるのも一つの断熱補強です。詳しくは「自分で出来る断熱リフォーム」を見てみましょう。



■屋根は遮熱系カラーベスト。
 屋根に遮熱塗料を塗ることも、四六時中太陽に当てられている屋根には大変良い方法です。
 屋根が瓦の系統であればやむを得ませんが、そうでないのなら、新築住宅では、遮熱塗料を最初から塗ったカラーベスト系屋根材(商品例:遮熱コロニアル)等が販売されています。また、築10年以上経た住宅では、屋根の塗り替え時に遮熱塗料を塗るのも良い選択です。
 そのとき、屋根定番の黒っぽい色よりも、白っぽい色の方が遮熱効果は格段に高いです。遮熱効果を考えるなら、白い屋根ですよ。その場合、右上の写真のように外壁の色を黒め、派手めの物に変えると白い屋根も引き立つと思います。



■窓への対策
★直射日光の当たる窓(西日の当たる家、他より突き出た階)
 直射日光を浴びるところは暑く、日陰になる壁は涼しい。この大原則は建物も全く同じです。図のような2階建てが並んでいる中でポツンと立つ3階建てや、住宅が並んだ一番端の西日の当たり家などは、つねに太陽が当たり続けます。
 そういう四六時中太陽が当たる窓は、すだれやよしず、遮熱カーテン等の基本的な対策が不可欠です。

 3階建てなどは、「3階建て住宅の断熱計画」を参考にしてみましょう。
 西日対策には、右の写真のような開閉可能なテントも西日対策にはお勧めです。もちろん、すだれ類の使用も安価で便利な方法です。

★バルコニーには日陰を
 バルコニーの前には大きな掃き出し窓があります。
 そして、バルコニーの床から照り返して窓にて入る日射量にはすごいものがあります。バルコニーの床を暑くしないことが結果として窓際の暑さを防ぎます。難しく考えず、バルコニーには日陰を作れ、日なたとして放置するな!と言うことを考えておきましょう。(注:2階バルコニーも同じです)
   

 しっかりした既製品は案外高いですね。その場合はDIYで作ってみましょう。
参考例としては、「パーゴラを作ろう」「簡単なオーニングを作ろう」をご覧ください。

■基本は日射対策
 現在の省エネルギー基準は、どちらかというと外気温に対してどのような断熱をしていくかが基本です。
 しかし、太陽が当たる場所と当たらない場所で暑さが全く異なるように、住宅でもいつも直射日光に当たる部位と、他の建物があるために日陰になる部位とでは、暑さは全く異なります。
 次世代省エネで建てた後の暑さ対策は、『直射日光が当たる部分の対策をどうするか』。つまりは、『日射対策』という点に尽きるでしょう。


  断熱、結露ミニ知識  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内