住まいの材料と工事−外壁材住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 
断熱、結露ミニ知識−3階建ての断熱計画


 3階建ての建物を購入しようと考えている人は、断熱計画もチョットだけ頭に入れておきましょう。


3階は暑い
 今現在木造の3階建てに住んでいて、次の住宅も3階建てだ、なんて人は早々いないでしょう。多くはマンションであったり、2階建ての住宅というケースが多いと思いますが、3階建てでは、今までの住まいとチョット違う対策が必要になる場合が多いのです。
 それは、夏の暑さ対策です。
 木造3階建ての3階部分は、2階建ての2階よりもさらに暑くなる物理的な原因があり、その原因を右に整理していますので、3階建て住宅を考えている人は、一度チェックしてみましょう。


■ロフトも要注意
 3階建てに限らず、その部屋よりも高い位置にあるロフト部分で、屋根面=天井面となっているところは、エアコンの位置や換気扇を考えるなど夏の暑さ対策が必要ですよ。
暖かい空気は必ず上に上がり、小屋裏が無い屋根=天井の場合はどうしても暑くなりやすいですからね。

   3階建ての断熱・図3


注:このページは、関西、関東地域などの都市部の3階建てが対象です


3階が暑い理由
1)暖かい空気は上に上がる
 まぁ。常識といえば常識なのですが、暖かい空気は上に上がります。3階建ての1階と3階を比較すれば、圧倒的に、冬は3階が暖かく、1階は寒い。反対に夏は3階は暑く、1階は涼しい。ということになります。
2)小屋裏がない・・屋根=3階天井
 もう一つは、10m以内の高さで作らなければならないと言う高さの制約を受けるため、2階建てで作られるような小屋裏の空間が非常に小さかったり、全く無いために、小屋裏がある事による熱の放出も出来ず、屋根=3階の天井となり、暑くなります。
3)太陽が燦々(さんさん)
 3階建てばかりが、ずらっ〜と並んでいるのも不気味ですが、小さな小規模分譲で数棟程度の3階建ての町並みが多いために、廻りは2階建てで、その区画だけが3階建てとなれば、3階部分は四方八方から日を浴びています。以上が、3階建ての3階が2階建ての2階に比べて暑くなる理由です。

3階建ての断熱・図1


■対策のポイント
3階建ての断熱・図21)暖かい空気は上に・・エアコン
 この対策はエアコンしか無いですね。いくら階段にドアをつけても、階段部分がトンネルの役目を果たしますから、大きな効果は期待出来ません。
2)小屋裏がない・・断熱材アップ
 この対策は、3階天井面の断熱を出来る限り厚くすることがポイントになります。大雑把な目安としては、今の断熱材の厚みの1.5倍ぐらいにアップすることを目安に考えておけばいいでしょう。
3)太陽が燦々・・Low-Eガラス、すだれなど
 出来れば、西日の当たる壁の断熱材は厚くする。あるいは窓ガラスをLow-Eガラスなど断熱性の高いものにする。また、窓の外にもすだれなどを容易に脱着出来るような工夫をしておくと良いでしょう。
注:2階建てより風が強いので、飛ばされないように!


  断熱、結露ミニ知識  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内