断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 
断熱材料、その性能とコスト
断熱材の種類

 断熱材は大きく分けて、グラスウールに代表される繊維系断熱材と保冷パックの発泡スチロールに代表される発泡プラスチック系断熱材に分けられます。
 また、組成の分類の方法としては化学生成の断熱材か、自然素材の断熱材などに分類することができます。

断熱性能の区分

 しかし、全ての断熱材が同じ断熱性能を持っているのではなく、材料によって断熱性能が違うと同時に、製品によっては同じ材料でもことなる3段階程度の断熱性能の違う製品が販売されています。
 断熱材の断熱性能は、熱貫流率の違いによって下の表にように区分されています。

     断熱材料とその性能

■要注意:同じ商品名でも断熱性能はいろいろ
 住宅でよく使われているグラスウールでも、性能区分A2区分の10KからC区分の40K48Kの製品まで4段階の性能差があり(上表赤字)、スタイロフォームなどでおなじみの押出法ポリスチレンフォームという製品もC区分からE区分までの3段階の性能差があります。(上表緑字)
 つまり、単に図面や仕様書にグラスウールやスタイロフォームなどと書かれていてもそれだけでどのランクの断熱性能かを特定することはできないのです。

同じ断熱性能としたときの必要厚の違い

 では、A2からFまでの断熱材はどの程度の差があるのでしょうか。  仮にA2区分のグラスウール10Kの製品の厚みを100mmとした場合に、その断熱性能と同じ性能を持つためには、B〜Fの断熱材はどの程度の厚みが必要なのでしょうか。
 それを図示したものが右の図ですが、それぞれの断熱材の性能区分によって同じ断熱性能を得ようとしても、その厚みが違うのがわかると思います。

■コスト
 コストもグラスウール(繊維系断熱材)とスタイロフォーム(板状断熱材)では大きく異なり、グラスウール10Kで、厚みが100mmの場合の材料費は、わずか520円/m2程度で済みますが、同じ断熱性能とするためにスタイロフォームのEランク商品で、厚み60mmを使うと、2000円/m2にもなります。
 グラスウールは安く、板状の製品は高いという価格面の差があり、おおざっぱな目安は、同じ断熱性能で比較すると次のようになります。

グラスウール10K  
100mm厚
520円/m2
ロックウール  
85mm厚
1000円/m2
スタイロフォーム3種B
60mm厚
2000円/m2

  断熱の基礎知識  次回は断熱材の決め方など、実践編です。
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内