断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 
断熱の方法と場所
内断熱と外断熱

 断熱工法には、大きく分けて充填断熱工法(内断熱工法)と外断熱工法(あるいは外張り断熱)の2つがあります。

■内(充填)断熱工法
内断熱、外断熱 建物の構造体の内部に断熱材を充填する方法で、主としてグラスウールやロックウールといった繊維系の断熱材が多く用いられ、断熱工法の中ではもっとも安価で、特別な技術や経験を必要とせず、もっとも広く行われている工法です。
 しかし、木材の部分が熱橋(下記参照)となるため、外断熱工法と比べてより厚い断熱材が必要なことや、グラスウールなどの繊維系断熱材を用いる場合は、その固定を確実に行わないと、壁体内部で断熱材が垂れ下がり、その部分から外気が流入して壁体内結露などの問題を発生する危険性も残されています。

■外断熱工法(あるいは外張り断熱)
 このような熱橋や断熱材の垂れ下がりを無くす工法として考え出されたのが、外断熱工法と言われるもので、構造体の外部に断熱材を張り、熱橋となる部分を無くすことで、同じ断熱性能であれば、充填工法よりも厚みのすくない断熱材ですむことが出来ます。
 また同時に、外断熱工法は木材やコンクリートなどが持っている熱容量(蓄熱性能)を生かし、室内の熱を木材に蓄え、よりすくないエネルギーで冷暖房が計れるという効果も持ち、構造体の木材やコンクリートも過酷な外気温にさらされることがないため、充填断熱工法よりも耐久性が高くなると考えられています。
 しかし、軸組の外部に断熱材を取り付けるため、ビスの保持力の関係から現在では50mm程度の断熱材しか取り付けられず、そのため、外壁材にはモルタルやタイルなどの重い材料は不向きで、高断熱化をはかる場合は、断熱性能の高い断熱材を選ぶか、あるいは軸組部分に充填断熱としての断熱補強を行う必要があります。

注:外断熱の特定の工法(ソーラーサーキット工法やカネカの外断熱工法など)では、厚み50mm以下の断熱材をつかって次世代省エネルギーレベルの断熱性能を確保している工法もありますが、その場合でも工法に守るべき施工ルールがあったり、窓の断熱性能に高いものが要求されるなど、無条件でその厚みだけの断熱材を張ればよい、というものではありません。

■併用工法
 外断熱の場合は、外部に張る断熱材の厚みに制限があるため、高断熱をはかる場合は、充填断熱と併用したり、あるいは外壁は外断熱、屋根は天井面に断熱材を敷くなどと行った充填断熱と外断熱を併用した方法も多く用いられています。

熱橋■木材、鉄の断熱性能
ちなみに、木材はグラスウール10K換算で、柱、梁では30mm程度のグラスウールと同等の断熱性能を持っていますが、鉄骨の柱、梁、鉄筋コンクリートの柱、梁では断熱性能は皆無に等しいです。

断熱の必要な場所

断熱の部位■断熱材は建物全周
 断熱材は、ぐるっと建物を取り囲むように入れなければ意味がありません。そのため、それぞれの断熱等級に応じて、「屋根または天井」「外壁」「床」あるいは「外気に面する床」といった部位に分けて必要な断熱材の厚みなどが決められています。

 

■間違った工事
同様に、右の図のように
@下屋の天井あるいは屋根の側壁に断熱材が入れられていない。
Aロフトの周囲に断熱材が入れられていない
Bバルコニーの下に部屋があるのに断熱材が入れられていないといったことも間違った施工ですし、断熱性能を著しく低下させることになってしまいます。   


  断熱の基礎知識  
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内