断熱、結露、シックハウス-断熱と暖房住まいと法律・タイトル

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱


 

 

 
断熱の基準と記号
断熱の基準

 住宅には、断熱工事がつきものですが、どのような基準で断熱をするのでしょうか。
 もちろん、断熱をすることによって、冷暖房費などが少なくてすむことは当たり前のことですが、これには、昭和54年に施行された「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断の基準」という法律が深く関係しています。
 この基準は、住宅水準の急速な向上や、エネルギー消費量の予想以上の上昇、地球規模の温暖化問題や、平成9年の京都議定書が採択されたことなどを受けて、平成11年までに3回にわたって改訂され、現在に至っています。
 時代の変化とともに改正されていった、それぞれの時期の法律の内容が、昭和55年の法律は、「旧省エネルギー仕様」となり、平成4年の法律は新省エネルギーの仕様、昔の住宅金融公庫で言う「省エネルギー仕様」となり、平成11年に改訂された法律の仕様が、今で言う「次世代省エネルギー仕様」となっています。
 同様に、品確法の温熱環境の等級も、それぞれの年度に改訂された断熱基準が等級のランクになっています。
 なお、この法律は、建築主に努力義務を課しただけで、断熱をしなくても罰則のある法律ではありませんから、断熱材を入れなくても違法といった性質のものではありません。

     断熱の等級

■建築基準法では断熱の規定はない
 建築基準法では断熱の規定はありません。そのため、建物に断熱材を入れなくても非常識ではあっても、違法ではないのです。

■等級3は、現在の標準断熱
 上の図の等級3のレベルは、現在の住宅の標準的な断熱仕様として多くの住宅で施工されています。

■等級4は、高断熱高気密、住宅エコポイント
 等級4のレベルになると、いわゆる「高断熱・高気密住宅」というレベルになり、また、平成22年度に行われた住宅エコポイントのために必要なレベルの断熱性能です。
 大手ハウスメーカーでは、標準仕様がこの等級4「次世代省エネルギー仕様」だという会社も多いです。

省エネの程度
 下のグラフは、住宅金融公庫が外気温が18℃以下になったときに、常に室温を18℃にした場合の暖房費をそれぞれの断熱性能を元に計算したものですが、やはり断熱性能が高いほど光熱費が下がっています。

     暖房費用の比較
断熱で使う記号

●Q値(熱損失係数 )
Q値(熱損失係数) 室内外の温度差1℃のとき、住まい全体から1時間に床面積1m2当たりに逃げていく熱量を指し、数字が小さいほど高断熱となります。
 次世代省エネルギーの基本となる数値で、屋根、天井、外壁、窓、床、換気などから逃げていく熱の量を延床面積で割ったもの。 逃げていく熱量は、熱貫流率K値を、それぞれの部位で計算することになります。
 この数値は地域ごとに決められており、右表のような数値をクリアすれば次世代省エネルギー仕様の代表的な指標の一つをクリアしたことになります。


●K値(熱貫流率)
 熱が、材料を通して温度の高い空間から低い空間へ伝わる現象を熱貫流といい、そのときの「熱の伝わりやすさ」を表す数値を熱貫流率といい、この数値が小さいほど熱を伝えにくく、断熱性能が高いということになります。
K値(熱貫流率) 断熱性能の基準では、天井や壁、床といった部分ごとに熱貫流率の基準が設けられており、たとえば省エネルギー仕様のW地域の木造住宅の壁の熱貫流率は0.8以下となっています。グラスウール10Kの製品で必要な厚みを求めると右のような式で求めることができます。        


●C値(隙間相当面積)
C値(すきま相当量) 建物の床面積1m2当たりのすきま面積のことで、延床面積120m2の建物のすきま相当面積は、C値2.0の場合、建物全体で240cm2存在すると言うことです。その結果、C値が小さいほど気密性は高くなり、エネルギーロスも少なくなります。
 一時、高気密化競争がさかんに行われ、当社はC値1.0を下回ったなどといった宣伝が目につく頃がありましたが、右の表のように最近の建物は何もしなくても気密化が進んでおり、在来工法でも普通に工事をしてもC値5.0を上回ることは少ないと考えられます。


  断熱の基礎知識  
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2011.6 「断熱」の本を出版しました。
『よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み』―断熱・気密がわかれば、結露と換気もよくわかる! 断熱・気密の技術 』
下記でお求めいただけます。
住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスのご案内