省エネの知恵

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

住まいの水先案内人・サポートサービスのご案内  
 

究極のカーテン技法

 窓から入る熱量は外壁の8.5倍。それは前頁で説明しましたね。
 そんな窓でも遮熱性や断熱性の高いカーテンに変えるだけでも効果は上がりますが、カーテンの4つの隙間から逃げていく熱を塞げば、究極の断熱カーテンができあがります。

 夏の熱対策は、カーテンボックス
 夏場。窓の上からは、窓ガラスとカーテンの間に溜まった熱が、その隙間を通じて上に上がり、室内に入り込みます。これは暖かい空気は上に上がる、という自然の原理そのものです。

 まずこの部分を遮断します。そのために必要なのが『後付のカーテンボックス』です。
 これは、カーテンボックスのある窓と無い窓で、カーテンの上の壁に手を当てれば、壁が暖かくなっているかいないかですぐに実感出来ますよ。
 後付のカーテンボックスは、インターネットでも検索出来ます。そんなに高いものではありませんが、すべての窓にする必要は無いですし、太陽熱が直接入り込む要所の窓にだけ付ければ十分でしょう。

 冬はリターン技法が有効
 もう一つの冬の省エネ方法は、窓とカーテンの横の隙間を塞ぐようにカーテンの横サイドに折り返しを作ります。カーテン制作の用語では、『リターン』と呼んでいるようですが、直訳すれば『折り返し』という意味なのでしょう。しかし、寒冷地では使われていると書かれていますし、理屈の上では、隙間を塞ぐことは効果的ですから、一理も二理もある方法だと思ってご紹介しています。

 『リターン』・・ ネットで調べると、そういうオーダーを受けているカーテン屋さんもあるようですが、器用な人なら、共布さえあれば、自分でつくることも可能ですし、パッチワーク的に違う色で考えてもおもしろいでしょうね。

 なお、夏冬共通ですが、カーテンの下端は窓よりも15cm以上伸ばしておきましょう。

省エネのためのカーテン技法

4)暑さを半減!カーテンテク   省エネの知恵