省エネの知恵

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

本の出版しています。ご活用ください。
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2015.6 「断熱」第2版を出版しました。
図解入門よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み(第2版)
改訂版となる本書は、平成25年改訂の新たな省エネ法の使い方を説明しつつ、断熱や気密、防湿の基本を理解し、問題が生じたときの解決の参考になる資料として活用できます。
 
 

暑さ半減!カーテン・テク

 窓からは、太陽が当たっていなくても外壁の8.5倍の熱が室内に入ってきていることはご存じでしょうか。

 窓から入る熱は外壁の8.5倍

 右の表の上段は、夏の日射しの中、窓からと外壁からの浸入してくる「熱量」を比較した表ですが、外壁から入る熱量(1m2、1時間あたり)を4w/hとすると、太陽が当たっていない窓でも34w/hの熱が室内に入ってきています。これは、外壁からの熱量の実に8.5倍もあるのです。

・西日はすごい(暑い)
 これが窓に太陽が当たるとどうなるかというと、西の窓からの熱量は、南の窓から入る熱量よりもはるかに大きいです。西日は暑いと言われることが科学的にも説明されていますね。

・すだれの効果は大きい
 でも、ペアガラスだけの時よりも、すだれをかけるとどちらに面した窓も入ってくる熱量を大きく下げているのがわかります。すだれやオーニングは日射遮蔽に有効なのが、このことでもわかりますね。

 使わない部屋に厚手のカーテンを吊れ
 多くの家は2階が普段使わない子供室や寝室になっている間取りが多いですね。それでも窓がある以上、そして太陽に直接当たっていなくても窓があるだけで、そこからどんどん熱が入ってきます。(外壁の8.5倍)

・厚手のカーテンを吊って、熱の浸入を防ぐ
 どっちみち昼間は使わない部屋なら、厚手のカーテンを吊って真っ暗にしてしまいましょう。そうすると、体感的には、約半分程度にまで室内の温度上昇を抑えることが出来ますよ。(ムッと感が半減します) 

・玄関や階段室など、もう少し明かりの欲しいところは、中厚程度のカーテンを吊っておくと、少し明かりを取り入れながらもドアや窓から入る熱量を大きく抑えることが出来ます。
注:小さな窓の断熱ドアには、このような対策は不要です。

省エネのためのカーテン・テク

 以前、ブログに上のような記事を載せたところ、松田さんという方から次のようなメッセージをいただきました。
『日本では大抵「窓を本格的に遮熱すると暗くなるから困る」と言っていますが、南欧では昼間、強い日差し対策で窓のよろい戸を閉めて部屋をほの暗くしています。夏の昼間、部屋をほの暗くしているのも良いものです。
カーテンの場合も光をまったく通さないものを使って熱を締め出しています。日本の夏の暑さは南欧以上。陰翳礼讃を広めてほしいと思っています。』

 

 

    子供が学校に行ってから、帰ってくる夕方まで、無駄な熱を部屋に入れるな!
    カーテンをうまく使い、使わない部屋の窓からの熱の浸入を防ぎましょう!

 

3)カーテンの仕切りで快適   省エネの知恵   5)必殺カーテン技法