省エネの知恵

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

 
 

カーテンの仕切りで快適に

 もともと断熱性能が高くなかった我が家では、天井裏や床下に断熱材を追加し、サッシもインナーサッシやペアガラスに交換したことは、この章の「自分でできる断熱リフォーム」というところでもまとめて説明しています。それをしたのはすでに5.6年前で、冬でも暖房が良く効いて、外の寒さを忘れるほどに改善されたのですが、今ひとつ完成していない部分がありました。それは廊下。

 トイレは、仕方ないのですが、ダイニングやリビングから廊下に出たときに、やはり少し寒い(暑い)です。

 せっかく断熱リフォームをしたのに、階段と廊下が一体だから・・と解決できていなかったのですが、少しでも室温の違いをどうにかできないか・・ということで思いついたのが、カーテンを利用した仕切りです。

といっても、方法はいたって簡単です。

 カーテンの仕切りで快適ゾーンを増やせ

  左上の写真は、階段の下から廊下側を見たカーテン。左下の写真は隣のリビング側から見たものです。
カーテンは、単につっばり棒を廊下の壁に止め、カーテンリンクでカーテンを吊っているだけです。
 つっばり棒は、そのままでは、少し引っ張ると落ちやすいので、板きれをつっばり棒の下で壁に止めています(右上の写真)。そうすることで、つっばり棒も落ちません。 カーテンは、マジックテープでドア枠に止めるだけ。(右下の写真)

 さすがに天井まで届くカーテンはないので、カーテンの上は、すだれのようなものを垂れかけて空気が流れ出ないようにしています。
 カーテンもスーパーで売っている、1980円程度の安いものです。(もっとも厚みは一番厚い物を選びました)
 たったこれだけでも、暖かさは完全に違います。

省エネのためのカーテン技法

2)簡単オーニングを作ろう   省エネの知恵   4)暑さを半減!カーテン・テク