省エネの知恵

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

 
 

パーゴラを作ろう

 夏の暑さでパーゴラづくりを思い立ったのですが、『どうしようかなぁ・・。』
 底版の方法として、木材を使ってパーゴラをつくる方法もあるのですが、木材は腐ります。市販のホームセンターで売っているような木材は、2.3年に一回は防腐塗料を塗ってやらないとすぐに腐り始めます。(ウッドデッキ用の耐候性の高い材料は売っていないし、このためだけに通販でとるのもなぁ〜)

 そんな時、ホームセンターをふらふらしていたら、家人が『これええんとちゃう・・』イレクターという材料を指さしました。

 イレクターとは

 イレクターとは、右の図のように下地は鉄なのですが、表面被膜がプラスチックなので腐りません。 『腐れへんけど、不細工やなぁ。情緒がないなぁ』と思いつつ、家人に押し切られ、これでつくることに決定。
 早速、部材を買い込んで作り始めました。

 作り方−接着剤で止めないとぐらぐら
 そもそも直線のパイプとコーナーのジョイント部品を組み合わせて作りますが、最初はバイブをジョイント材に差し込めば、カチッと止まるのかな〜と思っていたら大間違い。
 単に組み立ててもグラグラです。自立すらしません。
 パイプとジョイント材を接着材で止めていく必要があります。流し込みタイプなので、一通り組んでからパイプとジョイント材のすき間に接着材を流し込みます。
 原理は表面のプラスチックが溶けることで接着するようです。
 接着材は15分もあれば固まるので、作業は早いです。
 慣れれば、今回つくったものなら、1〜2時間もあればつくれるようになります。

 さて肝心の制作費
 幅3.5m、奥行き2.1m、高さ2.0mで、材料と接着材で、約1万3000円。それ以外に最初なので、バイブカッターが3,500円ほどかかりました。

省エネのためにパーゴラを作ろう

 この製品。確かに愛想もなにも無い商品なのですが、非常によく考えている商品で、あとでいっぺんにファンになってしまいました。そして、私の近くのホームセンターでは全部の店(コメリ、カインズ、ダイキ等)で扱っていましたから定番なのでしょう。

 高いか安いかは、それぞれでしょうが、木でつくっても木の材料費や金物代、防腐塗料の刷毛や塗料を考えればたぶん似たように金額になったでしょう。
 それから考えれば、腐らないのはいいです。
 もう、これからの季節、ベランダにすだれは離せません!!

 

 イレクターはとにかく腐らない。接着してしまうと強度があるということで その後も鉢物の台を作ったり、エアコンの架台を作ってみたり、屋外用途で案外重宝しています。

 

  省エネの知恵   2)簡単オーニングを作ろう