断熱、結露ミニ知識

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

住まいの水先案内人・サポートサービスのご案内  
 
湿度を制す!

 体感温度は、気温+輻射熱+湿度
 梅雨時や大きな雨、台風の前などは蒸し暑くなりますね。それは人が感じる体感温度が気温だけでなく湿度も大きな影響を与えているからです。
 相対湿度70%を超えてくると人は蒸し暑さを感じはじめ、75%になると不快感をはっきりと自覚します。
 でも、湿度を制するのは除湿しか方法がありません!

 併用除湿は最強の除湿法
 最近では、エアコンに「冷房をしながら除湿する機能」が付いているので、除湿の幅が広がりました。除湿機だけ、冷房の除湿機能だといった単独除湿もいいですが、快適な湿度になるまでに時間がかかります。
 また、「冷房をしながら除湿する機能」も、設定が冷房よりも扱いにくく、除湿にも時間がかかります。運転時間も冷房のみよりも長いです。
 でも、家に以前使っていた除湿機があると、エアコンの「冷房+除湿機能」と除湿機を同時に使うとあっという間に湿度が下がりますよ。エアコンまたは除湿機の単独運転の半分程度の時間で快適な湿度に下げることが出来ます。

 古い除湿機も使いよう(家全体の除湿に使う)
 家の湿度は2階よりも1階の方が高いです。
 でも、1階の廊下などで除湿機をかけていると、1〜2時間程度と時間はかかりますが、家全体がカラットしてきます。
 結構かさばり、普段は邪魔に除湿機ですが、『家全体を除湿する』という考えで使えば、これほど便利なものはありません。
 廊下に置くのがミソで、これによって階段を通じて1階、2階の家全体が少しずつ除湿されていくのです。

 除湿機も2種類(選択を間違うな)
 最近はエアコンだけで除湿機は使わない、という方も多いでしょうね。
 でも、もし除湿機を買うのなら、除湿機には2つの種類があります。これを間違うと宝の持ち腐れとなりますから、注意が必要です。
(家電量販店では、案外無責任な売り方をしている販売員も多いです)
 それはデシカント方式とコンプレッサー方式ですが、梅雨時や夏の除湿にはコンプレッサー方式が最適です。

湿度を制す!

こもった熱は大きな輻射熱源   エアコンの配置と工事、使い方