断熱、結露ミニ知識

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去100年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
省エネ住宅は当たり前
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱基準の歴史と記号
地域区分と断熱基準
断熱の方法と場所
断熱材料、性能とコスト
・断熱材のいろいろ、施工特性
・ZEH(ゼッチ)の基礎

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材への疑問と実験
熱に関する基礎知識
遮熱材のポイント

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

エアコンスリーブは後か先か?

 家庭用の壁掛けエアコンは、建物が完成した後に取り付けることになります。エアコンのスリーブ(冷媒とドレン管用の穴)は、工事中に取り付けておくべきか。後で外壁に穴を開ければよいのか!!

 スリーブを後で開ける
・メリットは、室内機の中にきれいに配管を隠せる
・デメリットは、柱や筋交いを切る自己の可能性がある

 スリーブを先行させる
・メリットは、上のトラブルがない
・デメリットは、室外機より少しだけ冷媒管等が露出する。

 断熱材は、防水シートはぐちゃぐちゃになせないのか
時々、後付の方法では、「断熱材がぐちゃぐちゃになりませんか。防水シートなどが切れ切れになりませんか」といったご心配をいただくことがあります。

 ごもっともなことなのですが、ほとんどの断熱材は家庭用のカッターで切れるほど容易な切断性があるため、穴あけ時にきれいにカットされていると思いますし、防水シートなども不完全な状態で終わるのは事実なのですが、実は、エアコン部分の穴あけの不具合が原因で起きる漏水よりも、建築工事の不具合で起きる漏水事故の方が、はるかにはるかに多いんですね。

 そういう統計的なあるいは経験則的な視点から、特に先行スリーブをしなければならないと気を使わなくても、後で外壁に穴を開ける方法でも、十分に問題は無いと考えられます。

 なお、いわゆる高断熱、高気密の住宅では先行スリーブは当たり前のように施工されていますね。

■ただし、筋交いには注意が必要です
ただ、建物完成後にスリーブを開ける方法は、筋交いを使う軸組工法の場合、ある事故を非常に誘発しやすいのです。 (次頁に続きます)

エアコンスリーブは後か先か?

隠蔽配管の善し悪し   エアコンの配置と工事、使い方  
筋交いの切断事故