断熱、結露ミニ知識

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

住まいの水先案内人・サポートサービスのご案内  
 

隠蔽配管の善し悪し

 エアコンの配管をする場合、ほとんどの家庭では外壁に冷媒管とドレン管を這わせる「露出配管」だと思いますが、ときたま「隠蔽配管」をされる方に出会います。
時々、住まいを考えている方から、「どちらが良いんでしょうか?」と聞かれることがあります。その前にそれぞれの寿命を知っておきましょう。

エアコンの寿命は12〜15年程度
肝心要のエアコンの寿命は、概ね12〜15年程度です。大体10年目前後から故障が発生してきます。
冷媒管の寿命・・30年以上
一概には言えませんが、隠蔽配管をしておれば30年程度は十分に持つことが出来るでしょうね。
ドレン管・・屋外露出は3年
外壁に付ける家庭エアコン用のドレン管は、裸の間まであれば紫外線の影響を受けて2.3年で劣化します。配管カバーをしていても直射日光の当たる場所であれば、10年はもたないうちに劣化し、さわればポロッと壊れてしまう場合があります。
 エアコン機材の中でもっとも弱いものが露出配管に使われているドレン管ですから、劣化防止の意味からも配管カバーは不可欠です。

 隠蔽配管のメリット・デメリットは、
メリットは、
1.外壁に配管が出ない(きれい)
2.自由に配管出来るため、不用意な位置に室外機を置くことがない。
3.外壁に穴を開ける必要が無くなる(開口時のトラブル防止)
4.エアコン交換のたびの配管工事が不要

デメリットは、
1.配管の曲がりが多いと効率が落ち、液漏れも発生しやすい
2.初期費用が高い
3.エアコン買い換え時の値引率は悪い(標準工事費の値引きも知れている)

と言うことでしょうか。

 外観はスッキリさせたいし、室外機を置く場所が限定され、そのままでは、エアコン交換のたびに長い長い配管を振り回さなければならない。
あるいは右図のように中庭に面した壁にエアコンを取り付けたいが、室外機は中庭に起きたくない、といった場合は、隠蔽配管もメリットが高いと思いますが、ほとんどが標準工事費付きと謳われている4m内外の配管長で済むのであれば、露出配管の方が工事費ははるかに安いでしょう。

 全てをどちらかにしようとするのではなく、適材適所で考えてみるのも良いのではないでしょうか。


室外機とショートサーキット   エアコンの配置と工事、使い方  
エアコンスリーブは後か先か