断熱、結露ミニ知識

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
発泡ウレタン断熱の盲点
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

本の出版しています。ご活用ください。
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2015.6 「断熱」第2版を出版しました。
図解入門よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み(第2版)
改訂版となる本書は、平成25年改訂の新たな省エネ法の使い方を説明しつつ、断熱や気密、防湿の基本を理解し、問題が生じたときの解決の参考になる資料として活用できます。
 
 

こもった熱は大きな輻射熱源


 『光熱費がもったいないから、使っていない部屋のエアコンは付けない』という話をよく聞きますが、本当にそういう使い方の方が良いのでしょうか。

 無冷房(無暖房)の部屋は、輻射熱源と化す
 前ページで説明したように、エアコンは壁などの輻射熱源からの熱が室温と同じになるまで運転を続けます。それは輻射熱源から放出される熱が室内の空気を暖める(冷やす)からですね。
 この問題は『使っていない隣の部屋も同じ』なのです。

 右図のように、リビングの隣(左)に和室があるなど、隣接する部屋があるとき、実は使っていなくても和室にこもった熱(夏は暖気、冬は冷気)が壁を通じてリビングに侵入しています。

 外壁や天井が暖かく(冷たく)なるのは外気の影響でしたが、室内の壁を仕切っている間仕切り壁には断熱材は入っていません。となりの部屋が暑くなれば(冷えていれば)、その熱はあっという間に熱伝導で壁から侵入してきます。


 熱がこもった(冷え切った)部屋が隣接していると、その熱(暖気、冷気)が間仕切り壁やドアを通じてエアコンをかけている部屋に浸入してきます。


 隣接する部屋を「少し」冷やす(暖める)こと
 そのためには、和室にエアコンがあれば和室のエアコンを弱い温度でつけ、エアコンがなければドアを開けてリビングのエアコンの風を入れるのもいいでしょう。

・光熱費が気になる!!
 その不安は当然ですが、これは我が家で実証済み!
 数年前からこの方法と、24時間エアコン連続運転の2つを同時に実践していますが、電気代のアップは1シーズン、わずか1〜2千円程度のものです。

注:冷暖房したい部屋の室温設定は希望値にして、隣接する部屋の温度設定は、最低値で構いません。隣接する部屋の温度設定まで、冷暖房したい部屋の温度設定にする>必要は全くありません。


 要は、隣接する部屋との極端な温度差を無くせと言うことなのです。


 なぜそんなに電気代が上がらないのか?
 前頁で説明したような周囲の材料のもつ熱や、このページで説明した部屋にこもった熱がエアコンを回しているからですね。それを連続して押さえていれば、逆にエアコンに負荷がかからないのです。

 高断熱の家にすると、疑似的な全館空調が可能になる。
 挑戦してみる勇気があれば、いつでも出来るょ。。
 挑戦してみる勇気と書きましたが、日本人は節約志向が強いですね。まして、「さぁ〜。家を買うために節約しなくっちゃ精神」でがんばってきたのですからなおさらです。でも「えぇ〜い。この夏のレジャー費が無くなっても良いから」というつもりで、擬似的全館空調や、24時間空調に挑戦してみてはいかがですか。
 私の経験からは、光熱費が上がってもせいぜい1〜2000円/月前後です。5000円/月も上がるなんて事はあり得ません。



・バルコニーの照り返しを防ぎましょう・・「手作りオーニングを作ろう」
・ 窓からの熱侵入もすごいです。・・・「暑さを半減!カーテン・テク」
・トレードオフに要注意・・・・・・・・「次世代省エネなのに、トレードオフに要注意」

 

          エアコンを頻繁に止めるな   エアコンの配置と工事、使い方  
   湿度を制す!