断熱、結露ミニ知識

インデックスページ・・

●気温についての大きな誤解
過去90年。顕著な気温上昇
熱帯夜の今後
太陽をなめるんじゃねぇぞ
田舎はなぜ涼しい
夏なのに床暖房と
     ファンヒーター

新旧住宅−涼しさ対決
体感気温は足して二で割れ

●断熱を考える前に
断熱って意外と新しい
マンション居住者は要注意
断熱計画と相性
プランと断熱効果
次世代省エネもビンきり
V地域トリックに騙されるな
基礎断熱の弱点
屋根断熱vs天井断熱

●断熱の基礎知識
断熱の基準と記号
断熱の方法と場所
断熱材料とその性能・コスト

●断熱と暖房
断熱の基礎知識
断熱性能の変遷と比較
断熱の効果と注意点
断熱化の効果とコスト
暖房豆知識
テストに挑戦

●省エネの知恵
パーゴラを作ろう
簡単オーニングを作ろう

カーテンの仕切りで快適に
暑さを半減!カーテン・テク
必殺!カーテン技法


●遮熱材ってどういうもの
遮熱材とは
遮熱材の勘違い
遮熱材のミニ実験

●エアコンの配置と工事、使い方
エアコン配置の鉄則
大きな部屋のエアコン台数
室外機とショートサーキット
隠蔽配管の良し悪し
エアコンスリーブは後か先か
筋交いの切断事故
人が快適さを感じる仕組み
エアコンを頻繁に止めるな
こもった熱は大きな輻射熱源
湿度を制す!

●断熱ミニ知識
遮熱塗料ってどうなの?
Q値を上げる秘密は窓にあり
暑さに負けない家
次世代省エネなのに!?
  【トレードオフに要注意】
自分で出来る断熱リフォーム
マンションと戸建の違い
吸気口から寒い風が入る
上手なエアコンの使い方
3階建て住宅の断熱計画
ペアガラスは結露しない?
望ましい浴室断熱

本の出版しています。ご活用ください。
2012.10 「間取り図で見分ける買っていい家と悪い家」 を出版しました。住宅の購入や契約のための121のチェックポイントが網羅されています。
このホームページやサポートサービスのマニュアルにも載っていない部分もありますので、ぜひご活用ください

2015.6 「断熱」第2版を出版しました。
図解入門よくわかる最新断熱・気密の基本と仕組み(第2版)
改訂版となる本書は、平成25年改訂の新たな省エネ法の使い方を説明しつつ、断熱や気密、防湿の基本を理解し、問題が生じたときの解決の参考になる資料として活用できます。
 
 

エアコン配置の鉄則

 

 エアコンの配置を考えるときには、知っておかなければならないセオリーがあります。それは、冷房時の風は水平に吹き出し、暖房時の風は真下に吹き下ろすのが、もっとも効率的に冷暖房出来る。ということです。

 配置の鉄則−1:冷房、暖房時のエアコンの風向きを知る!
 右の図のように、エアコンは夏と冬で風向きが異なります。

 冷気は水平に吹き、暖気は垂直に吹くのが空調としては一番効率的ですが、配置で気をつける必要があるのは冬の暖房です。右図のように、冬の暖気は強風運転をしているときは、エアコンの真下では41℃前後という非常に暑い空気を吹き付けています。

 天井埋込型エアコンは位置的に部屋の中心がいいのですが、暖気は真下に吹き下ろすことを考えれば、人の座る真上にならないように配置を考えることが必要ですね。
 壁掛けエアコンでは、エアコンの真下に机やベッドを置くと、冬の暖房時にいやな風がまともに吹き付けます。エアコンの配置は、冬のエアコンからの下向きの風が人に直接当たらないように配慮しましょう。

  冷房時と暖房時でエアコンの風向きは変わる。
  冬の暖房時の下向きの風に注意しよう。

なぜ壁掛けエアコンは外壁側
壁掛けエアコンは、普通は外壁側に付ける場合がほとんどですね。
これは、室外機にもっとも近い位置だから外壁側に置いた・・ということだけではありません。窓側や外壁側の部屋の中で最も冷えた空気がすぐに暖まるように、外壁側(理想は窓上)に置くのが冷暖房効率の点から効率的だからです。


 配置の鉄則−2:風はまっすぐにしか進んでくれない
 もう一つエアコンを配置には、忘れがちな大原則があります。
 それは、風の特性を考えてみると良くわかりますょ。

  風はっますぐに進む曲がってくれないよ!
 
 冷気、暖気は風が運んでくれる!
 

 右の図で説明しましょう。
 間取りはリビング、ダイニングを中心として、上に独立型のキッチン。そして、左隣に和室が連結しています。この場合エアコンを置くには【A】の位置がよいのでしょうか、【B】の位置がよいのでしょうか。

 ポイントは、
1.風は直進する。つまり、風は曲がったりなんかしてくれませんね!
2.エアコンのスイング機能は、左右45°程度までしか効かない。(風が送れない)という2点です。

 【A】の位置であれば、ゆっくりとですが、和室までエアコンの風を行き届かせることが出来ます。
 しかし、【B】の位置であれば、エアコンの風は左右45度前後にしか行かない、風は曲がってくれない、と言うことを考えると、和室やあるいはエアコンの右側のダイニングの隅に風が行き渡るには、【A】よりもはるかに時間がかかってしまいます。また、均一に冷えるかと言うとはなはだ難しいところがあります。

 一般的なルームエアコンの風の到達距離(最大)は7〜8m程度と言われています。7〜8mとは、上の図のリビングの端までの距離に近いです。(あるいは8帖の続き間の端から端まで)大きな部屋のエアコンの配置を考えるときは、風の流れ(風向)を考えて配置することが基本的なポイントになってきます。


ワイド気流、ジェット気流は効果的か?
 最近は、「160°ワイド気流」といった表現で、幅広く風を送れる機能の付いたエアコンもありますが、少し割り引いて考えておいた方が良いかも知れません。

 なぜなら、送風というものは、全角度(160°)に風を送っている関係上、ある一つの方向にエアコン運転の風が来るのはわずかな時間です。そのため、冷える早さは必然的に一方向に連続運転をしている方が早く効いてきますね。

 また、一部のエアコンでは、「ジェット気流」といった表現で15m程度まで風を飛ばせるエアコンも発売されていますが、風速は必然的に早くなります。暖房運転時は、暖気流が足下を這いますから、どちらかというと、風が部屋の上を駆け抜ける冷房に向いた機能です。

 つまり、いろんな機能で不利な配置をカバーできるけれども、それはあくまでも、望ましい位置に取り付けできない場合に、やむなく使う補助的な機能だ、ということですね。エアコンは、複雑な機能を使わずに、その機能を最大限に発揮できるただしい位置、望ましい位置にセットできるのが一番なのです。


  高機能を過信しない!

 

  エアコンの配置と工事、使い方  
大きな部屋のエアコン配置