インデックスページ・・

変化する災害。
  これからは水害の20年?

凸凹コンビの妙
医術三態、ハウスメーカー三態
体験者だから語れる
     『満足のできる家』

さすが日本製!!
耐震等級を知らない建築士


このコーナーは、
 まだ、始まったばかりです。



 

 

 
凸凹コンビの妙
 このような仕事をしていると、不思議なことに気がつくことがあります。

 「営業マンが頼りなく、約束を忘れる、返事が遅い、こんなんで工事は大丈夫なのか心配です」といって第三者監理を依頼された方。

 図面はまぁまぁ書けているのですが(外注が多いですが)、現場はどうなんだろうか、と思って行ってみると、これがそこそこ、しっかりしたもの。
 07-0924-01.jpg無駄口も叩かず、手際よく仕事を片付け、しかもできばえがなかなかきれいなんです。これなら、工事には何の心配もしなくて大丈夫ですょ。。と言って、別の機会に営業マンにあうと、確かに人を食ったようないい加減さを感じさせる振る舞い。

 実は、このパターンが意外と多いのです。


07-0924-02.jpg たとえ話で言うと、営業マン・・というより5点満点の2点程度の営業レベルの低い会社、言い換えれば、いつも施主さんに迷惑をかけている会社(本人達は全くそうとは思っていないが・・)には、実は下請けの施工会社にしっかりした会社がついている場合が比較的多いんですょ。

 それも小さな建売系の会社で、非常に多いパターンなんです。

 いわば、しっかりものの施工者が、頼りない営業マンを押したりついたりしながら営業マンのマイナスをフォローしているのでしょう
 頼りない旦那にしっかり者の女房という組み合わせと全く同じです

 もっとも、そういう会社に当たると、お施主さんとしてはイライラのしっぱなしで決して良いことはないですし、場合によっては、現場に変更を伝えていなかった・・なんてこともよくある話でから、お施主さんも気が休まりません。
 
●でもねぇ〜。
 そういう営業マンに限って、下請けが影でしっかり仕事をしていたのに、まるで自分の指示が良かったからだ、なんて平気で思っていますから、2点の営業レベルが3点に上がることなど全く無く、いつまでも施主さんに迷惑をかけ続けているんですねぇ。
 
●ところがね〜。
 営業姿勢がしっかりしていて、施工がへたくそ・・という例は無いんですよ。
 上の例でいえば、営業レベルが4点で、施工レベルが2点という例は無いんです。
 営業レベルが4点なら、施工レベルは最低でも3点以上なんですよ。

 1点+5点の組み合わせは見たことがないなぁ。
 2点+2点は、ひどい欠陥住宅で遭遇あり。
 2点+4点は、上の説明の組み合わせ。
 3点+3点は、よくあるほどほどパターン。
 4点+2点は、ほとんど無いパターン。
 4点+3点は、安心、安定パターン。
 4点+4点は、安心パターン。でも少し高いかも。
 5点+5点は、滅多に出ない掘り出し物。
 たまぁ〜に、5点+5点の組み合わせを見ることがあります。
 でも、ほとんど地方の名もない会社ですが、そういう会社もいるんですよ。営業は説明上手、図面はビシッと書き、工事も完璧。。。
 う〜ん。惚れちゃうな。俺、そんな会社に勤めたい!!!

 やっぱ、営業マンは会社を映し出す良い鏡ですよ〜。。。

住まいの水先案内人・エンドパネル
サポートサービスへのご案内