ネット情報と経験の違い

インデックスページ

・強気の交渉姿勢の源泉
建築主が起こすトラブル
手抜きが心配!
住宅トラブルと国民性
ポジション・トーク
 (人は立場でものを言う)
ネット情報と経験の違い
避けられない相性問題
(間合いの取り方)

なぜ間違った相手を
   選んでしまったか?

(鍵と鍵穴のお話)

選択とは鍵穴探し
一点重視の落とし穴
気づけ!無い物ねだり
おまけ。二番手メーカー

ときには怒れ!
プロ vs 素人 交渉術
(根拠を示せ・・)
異邦人とのつきあい方。。

営業マンとの問答Q&A2
(断熱性能)
営業マンとの問答Q&A1
(契約をせかす、耐震性)

・安いなら手間暇をかけよう
業界のルールがわからない

不安の対処
不安と80点主義
交渉・すべては人となり
交渉・尺度は何か+助言者

象徴的貧困

知らないことを知る大切さ
問題は解決するためにある
不可避に協力せよ
会社倒産・私の倒産劇

臆病な自分と決別しよう
・恋は盲目、あばたもえくぼ

 

・・・・弱気を強気に変える。それは下調べとそれに裏打ちされた自信・・・・

 あるとき、次のようなご相談をいただきました。

「雨漏りで柱が腐ってしまい、修理をしようと考えているが、親戚の業者に補修工事をしてもらおうと考えている。修理の方法が妥当か相談したい。」
というご相談だったのですが、でもよく聞くと、雨漏りの10年保証の期間はまだ残っています。
 私のアドバイスは、「建てた業者に依頼してはどうなんでしょうか」というものでした。

 しかし、住宅会社とはある出来事で、気持ちの上で距離感が出来てしまっていました。
 それと、今までの対応も言い逃れ的な話にな事があった事も理由の一つだったようです。
 このようなことから、親戚の業者に修理を依頼しようとした理由だったなのですが、せっかくの10年保証があるのに自腹を切るなんてもったいないですね。


私の助言

 『まず、築10年以内で、雨漏りを原因とした建物の損傷なら、品確法の10年保証の範囲なので、請負業者に無償で直してもらえる権利が法的に認められています。
 もっとも、この権利を行使するかどうかは建築主の自由です。

 なお、直してくれと言うのは当然の権利なのですが、相手が逃げ腰になったり、言い訳をして直さないと言ったりする場合もあります。そのため、このような場合は、「御社に直してもらうのは当然のことだ」と言う態度を貫いて話をすることが肝要です。
 「法律で、そうなっているはずだが?」といった自信の無い態度は、相手の逃げ腰を助長します
そういう意味で、『10年保証とは何かを自らキチンと調べて理解してください。自分自身がそのことをわからずに、どうやって自分を守るのですか。』と伝えました。

 とにかく、このような場面で、自信の無い態度は交渉ごととして一番ダメです。
 「法律上、御社が直すのが当然では無いか」というぐらいの姿勢でないとダメです。要は交渉テクニックではなく、大事なのは交渉の姿勢です。」と言いました。


強い交渉姿勢とは、キチンとした立場の理解と自信から・・

 結局、改めて建てた業者に来てもらい、修理を依頼することが出来ました。
『教えて頂いた姿勢を頭に入れて何とか納得できる話し合いができたました』と返事をもらいましたが、私が交渉ごとに対してよく使う『毅然とした態度』というのも同じで、
1.根拠が明確にわかっている。知っていること
そのために、自分自身がしっかり下調べをしておくこと。
決して聞きかじりではない知識を仕入れておくこと。
2.気持ちが態度に反映する。
気弱な態度は表に表れます。
「御社が直して当然なのだ」という姿勢、気持ちを持つことが、相手に言い逃れを許さない態度に写ります。自信なさげに話しては、まとまる話もまとまりませんね。

弱気を強気に変える。それは下調べとそれに裏打ちされた自信だろうと思います。

住まいの水先案内人・エンドタイトル
サポートサービスのご案内