不安と80点主義

インデックスページ

・強気の交渉姿勢の源泉
建築主が起こすトラブル
手抜きが心配!
住宅トラブルと国民性
ポジション・トーク
 (人は立場でものを言う)
ネット情報と経験の違い
避けられない相性問題
(間合いの取り方)

なぜ間違った相手を
   選んでしまったか?

(鍵と鍵穴のお話)

選択とは鍵穴探し
一点重視の落とし穴
気づけ!無い物ねだり
おまけ。二番手メーカー

ときには怒れ!
プロ vs 素人 交渉術
(根拠を示せ・・)
異邦人とのつきあい方。。

営業マンとの問答Q&A2
(断熱性能)
営業マンとの問答Q&A1
(契約をせかす、耐震性)

・安いなら手間暇をかけよう
業界のルールがわからない

不安の対処
不安と80点主義
交渉・すべては人となり
交渉・尺度は何か+助言者

象徴的貧困

知らないことを知る大切さ
問題は解決するためにある
不可避に協力せよ
会社倒産・私の倒産劇

臆病な自分と決別しよう
・恋は盲目、あばたもえくぼ



 
 


・・・・バランス感覚が大事・・・・・

 住まいを建てるということは、ほとんどの人が初めての経験です。

 そのため、このサイトでは、いろいろな不安が寄せられています。

 ・基礎にジャンカが一杯出来ているが大丈夫か?
 ・冬なのに養生期間がたった1日で、大丈夫か?
 ・アンカーボルトが傾いているが大丈夫か?
 といった内容で、だいたい、基礎工事が始まった頃が多いですね。

 そして、そういう不安が生じたために、工事中ながらこのサイトのサポートサービスを申し込まれる方がいます。
 あるいは、不安に対して、十分な説明が無かったために基礎工事のやり換えを業者に求めたり、保証期間の延長を求めたり、欠陥工事だと声高に叫んで収拾が付かなくなっている人もいます。

 でも、こういうご相談の多くは、建築主がある情報から聞きかじった一面だけの情報を頼りに判断していたり、建築会社の説明が悪く、不安や不信感を助長してしまっているだけで、実際は建物の強度や耐久性に影響を与えることのないチョットした工事ミスであった、という場合がほとんどです。

 そして、その場合のほとんどが、マニュアルや指針あるいは基準書と言ったある資料や情報を元に建築主の方が判断していると言うことです。


■育児ノイローゼ
 これらによく似たケースに育児ノイローゼがあります。
 子育てが育児書に書いてあるとおりにならないといって、育児ノイローゼにかかる母親がいます。昔であれば親子二世帯、三世代があたりまえであり、若い親の知らないことはおばあさんやおじいさんが教えてくれたものですが、いまは核家族が普通になり若い親は自分の分からないことは育児書に頼るようになりました。

 その結果、育児書といわれるマニュアル通りでないと自分の子はおかしい。マニュアルに書かれていないことに遭遇すると対処出来ない。。というケースとよく似ています。 
 


■レントゲン写真とマニュアル重視の弊害
 下の写真は、いろいろ病気にかかっているレントゲン写真です。この4つの中で1つだけ健康な写真があります。
 あなたは、その写真を見分けることが出来ますか。
 下の写真のように、並べられれば、何となく、左の2枚は影が多そうだから病気にかかっている肺の写真かもしれない、といった推測は出来ます。でも、右の2枚の写真は、ほとんど同じです。どちらが健康な体なのかは、普通の人ではわかりません。ました、4枚の写真を別々の時間に、別々に見せられたら、どれが健康な肺かなど、決してわかりませんね。

 つまり、マニュアルがどんなに詳しく書かれてあっても、ある部分では経験を積まなければ物事の正否を正しく判断することは不可能なのです。
 料理本に書かれているレシピーだけで一人前のコックにはなれませんね。

     


■不安の根元
 では、不安の根元とは何でしょうか。実は不安を抱く人とそうでない人も情報の量はそんなに違わないでしょう。

 むしろ、その情報をどう判断したのか、で違いが出てくるのだと思います。
 冒頭で書いたように、多くの人はマニュアルや基準書に書かれている事柄から逸脱していれば、すべて間違い施工だ。あるいは欠陥工事がされたのだ。と錯覚をし、判断してしまっているのです。


■虫食い野菜
 今ではほとんどのものが虫食いではない『見た目がきれいな品物』でない限り店頭に並ぶことはありません。スーパーの店頭に並んでいる野菜には、虫ひとつありませんし、虫に食われた葉っぱもありません。
 家庭菜園をした人ならわかりますが、ほうれん草に、白菜、キャベツの葉が虫にかじられ、あるいは葉っぱの中に虫が付いていない方が不思議なのです。

 その違いは何でしょうか。農薬の違いですね。虫に食われ売れない野菜を作るぐらいなら、農薬を散布して虫を殺す。もちろん見た目もきれいだし、買った後の調理も簡単です。
 でも家庭菜園や無農薬野菜をすれば、虫が付かない方が不思議です。でも見栄えも悪く、十分に洗わないと葉っぱの裏側に虫がいた、、など調理のための手間も大変です。

 でも、そういう虫も見たことがない。きれいな虫に食われていない葉っぱしか見たことにない生活をしていると、工事現場で行われている出来事は疑問と不安のオンパレードなのです。

 それにマニュアルや基準書の記載通りでないと、それは正しくないもの。という見方でしか判断出来なくなってしまっているのです。

 


■でもねぇ。世の中は、100点の人なんていないぞぉ〜。。。
 
でも、世の中全てがマニュアルあるいは基準書通りではありません。
 あなたが何気なく生活している事柄を考えてみましょう。

 自動車を運転するためには、運転技能、学科試験は完璧でなければ通りませんでしたか?
 あなたの受けた国家資格。あなたの受けた大学。あなたの受けた企業。全て100点満点でなければ通りませんでしたか?
 そんなことは無いはずですね。

 言い換えれば、交通ルールを誤解したまま、知らずに運転している人が廻りにもたくさんいます。
 一級建築士を通った人の学科試験の平均点は70点です。つまり、学科試験の30%は間違って答えている。すなわち間違って覚えているのです。でも免許は与えられています。たぶん、もっとも難しいと言われる医師免許も弁護士免許も100点満点でなければ通らない、ということは無いはずです。

 人間はミスをする。間違って覚えている。失敗をする。それでも仕事をしている。

 世の中、万事80点主義。と考えれば、気も楽になり、ものの見方も変わると思うのですが。。。


サポートサービスのご案内